はじめまして

はじめまして。あろと申します。

旅行が大好きで1ヶ月に1〜2回他県へ出かけます。

一人旅や友人との旅を主に、47都道府県の地を踏むことを目標に、 

訪れた場所や宿の写真を載っけてます〜。

面白いところや、感動した場所を、同じ旅好きに伝えられればと思いブログにしました。

今のところ、15/47県。宜しくお願いします!

【北海道】知床の滝・池・原生林一人旅4日間の旅 ①

どーも!あろです!

 

2017年6月北海道に一人旅に行きました〜(*´∀`*)

行き先は道東・知床!レンタカー一人旅です!

6月に行くにはシーズンずれじゃ…?と思いますよね。

うん、私もそう思います。やっぱり天気は悪く、ほぼ雨でした。

今回の旅は目的があったので6月になってしまいましたが、

夏の北海道の大自然を堪能したいなら梅雨明けを狙うのが無難だとは思いますね(汗

なんだかんだ、すっごい満喫したので北海道旅行行く方は、是非参考にどぞ!!

 

 

一日目 東京→女満別空港→緑駅→神の子池→フレペの滝→プユニ岬→宿

二日目 カムイワッカの滝知床峠→夕陽台展望台→原生林の森ガイドツアー→宿

三日目 知床峠羅臼→イルカクルージング→サーモンパーク→酪農家さん

四日目 酪農家さん→女満別空港→東京

費用はおよそ全部込みで6.7万ほど。ギリで予約取ったというのもあるので、余裕を持って予約とればもう少し抑えられると思いますよ!

 

一日目、天候悪くも感動の神の子池〜フレペの滝散策!

f:id:pio180p:20170815190445j:plain

東京→女満別空港、北海道到着!

知床に行くならこの空港が一番良いのではないでしょうか?

オリックスレンタカーで車を予約していたので、空港からお店まで連れてってもらいました。

コンパクトサイズの乗用車を予約していたのですが、

ハイブリットカーが余っていたのでそちらを貸していただけました。

人が少ない時期だとこういうことがあるから良いね!

レンタカーをGETして早速白樺の並木に遭遇!いやーん北海道って感じ!

天気がねー…まあ、わかってて行ってるし、

とにかく、この広々とした田園風景がとても気持ちがいいんです!!!

 

事前に調べていた時間では、空港から知床まで約2時間。

しかし久しぶりの車運転と見慣れぬ土地で、かなりワクワクして

しばらくいらんところウロウロしたり止めて写真撮りまくってました笑

 

f:id:pio180p:20170815190506j:plain

道の途中で唐突に芝桜。降りると周辺すごく臭かった。

芝桜は臭いのか………?

 

 

f:id:pio180p:20170815192256j:plain

知床までの道の途中、神の子池という若干マイナーっぽい池があり、そこへ行く為に

「緑町」という町に寄りました。そこにあった緑駅という小さい無人駅。

 

f:id:pio180p:20170815192315j:plain

緑駅を通り過ぎて神の子池へ。

あいにくの雨である…。

 

f:id:pio180p:20170815192627j:plain

オショロコマというのは、ここに住む川魚らしいです。

今回は残念ながら見れませんでした。

調べてみたら見た目普通の地味〜な川魚でした。

 

f:id:pio180p:20170815192647j:plain

木の橋を渡って行く

 

f:id:pio180p:20170815192714j:plain

ここが神の子池です!

綺麗ですよねー!これ、小雨状態ですよ。

小雨で、この透明度で、写真でもこんなにくっきり底の色が鮮明に見えるのは

晴れてる日に行くともっと綺麗なんでしょうね!

あいにくの雨でしたが、代わりに人がほぼ居なかったのでまったりできました。

 

あ、あとね神の子池に行きたい方、気をつけてください!

緑駅からけっこう長く走らないと神の子池にはたどり着きません。

立て看板なんかいっさい無いから、走っててすんごい不安になって

何度も何度も間違ってるのかと思って引き返したりしてました><;;;

神の子池までの道も車で5分くらい未舗装の山道を登っていったので、

クマ的な意味でけっこう怖かったよ。気を付けて!

 

f:id:pio180p:20170815201634j:plain

神の子池を見たら、知床・ウトロへ。

知床の宿泊施設は主にウトロ地区羅臼地区があるそうです。

ウトロ側に滝がたくさんあり、自然センターもあったので

今回はウトロ側の宿泊施設を選びました。のちに羅臼も行くけどね。

この写真はすでにウトロ地区に入ってます。

ちなみに、ウトロ地区へ入る前のトンネル近くで、「オシンコシンの滝」があるんだけど、

人が多かったんで帰りに寄ろうと思って寄らずに通り過ぎちゃいました。

結局見れ無かったんだけど、写真見る限りこの滝が一番良さげだったなあ…笑

宿に寄り、荷物を預け近くの知床自然センターhttp://center.shiretoko.or.jp/へ行きました。

 

フレペの滝は知床自然センターから歩いて行くので、寄らずに探索路へ行けたりするんだけど、寄った方が楽しめます。

フレペの滝や本日のクマ情報なんかもここで知れるので、うん、寄った方が良いかも。 

クマ講習を無料でやってるので、時間が合えば聞いてみるのも手。

 

f:id:pio180p:20170815202155j:plain

フレペの滝の散策路。天候も少しずつ回復…太陽も少し見えてきました。

10分くらいこんな森と原野を歩く。クマが怖い。

 

f:id:pio180p:20170815202223j:plain

そしてここがフレペの滝。展望台からの風景。

ん…?滝…?

 

f:id:pio180p:20170815203201j:plain

これですね!笑 ちっせぇ!!!

確かに入場料無料だったけど、 ちっせぇー!!

この滝に感動するより、この展望台から見えた海の方が感動しました笑

フレペの滝から自然センターへ引き返します。

 

歩いていると、ふと鹿に遭遇!

目の前に鹿、周りは人の気配はいっさい無くて、

鹿と私だけが見つめあってるっていう謎の空間が生まれてました…。

 

f:id:pio180p:20170815210222j:plain

f:id:pio180p:20170815210230j:plain

ウトロへの帰りの道、プユニ岬に到着。

ちょうど、夕日が出ていて綺麗でしたよ!!

 

f:id:pio180p:20170815194347j:plain

宿へ到着。部屋。いいにおい。

 

f:id:pio180p:20170815194407j:plain

部屋から見える景色。

 

 

f:id:pio180p:20170815210819j:plain

夕食。

 

f:id:pio180p:20170815210834j:plain

朝食。

 

一日目に泊まったのは世界遺産の宿しれとこ村。

こちらは新館と旧館があり、私が泊まったのは新館。

写真が悪いのが申し訳ないんですが、新しい畳の匂いがとーっても気持ちよく

すごく快適に過ごすことができました!

奥のカーテンを開けると目の前は草むらと木があり、

たまーにシマフクロウ(知床の絶滅危惧種)や狐が通ることもあるそうです。

私は出会えませんでしたが…。

旧館は古さ・湿気を感じました。

泊まるならちょっとお金を出しても新館をおすすめします。

このベランダの景色と洗面台付きなら、金額の差で考えると新館の金額設定が素晴らしいのが分かります。ロビーが旧館側なので、面倒さはありますが…。

こちらのビジネスマン向け夕朝食付き・明日のお昼のお弁当付きのプランに申し込みました。

ご飯に関しては、食事を付けてそんなに高い訳ではないのですが

夜は豚ロースとチーズの揚げ物、朝は焼きシャケ(冷たい)に味噌汁・ごはんだったので

どうせならその辺りの海鮮屋さんで北海道の海の幸を味わった方が良いかもしれません。

 

travel.rakuten.co.jp

 

二日目、カムイワッカの滝知床峠

f:id:pio180p:20170815212912j:plain

朝ごはんを食べたら、カムイワッカの滝へ。

知床五湖方面に車を走らせて、こんな道が見えたら

ここをまっすぐ行く。

 

f:id:pio180p:20170815212942j:plain

ここがカムイワッカの滝

 

f:id:pio180p:20170815213357j:plain

 

天気は良くカラッと晴れてくれてました!

ここは、なんと滝なんですが、温泉なんです!

温泉が滝になってるっていった方が良いんだろうか?

沢登りもできるんで、登れる人は登ってみてはいかがでしょうか?シーズンに行くと登ってる人も見かけられるかもしれませんね。

今回は鉢合わせた家族が2組みくらいで、ご年配が多かったので

そんな挑戦者はいませんでしたw

てか、けっこう急なんですよ〜水の深さも思ったより浅いし転んだらそのまま転がり落ちて行きそうで、ハードル高い気がします!

この辺ではあまりクマは見つかってないそうです。餌がないんかな〜不思議。

水は人肌よりちょっと冷たいくらいでした。温泉のにおいはしなかったなあ。

 

f:id:pio180p:20170815215546j:plain

カムイワッカの滝を降りて、羅臼岳が見えるおだやかな川でお弁当。

 

f:id:pio180p:20170815220528j:plain

知床峠へ行き、羅臼岳をぼけーーっと見つめる。

写真とかで絶景はいつでも見られるんだけど、

山は実物を見たときの感動が半端ないなーっていつも思います。

多分、これはわかってもらえる気がするんだけど

圧倒感が違うんですよね…本当の山のでかさに、ひたすら感動してしまうんです。

 

登山はしたことないんですが、羅臼岳みて、いつか必ず登山をしようと思いました。

 

14時から半日ガイドツアーを組んでいたので、

次の記事でガイドツアーのことを書いていきまーす!